福本屋

漫画とかアニメとかをレビューしたりするブログ。あと日記。リンクフリー。 5/22:テンプレ変えたー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンデーの感想【2009-33】

毎日更新とか書くことなけりゃ維持しなくていいよね(挨拶)

今さらですが、33号のサンデーの感想。
別記事にするやつ以外をば。
34号のはこのまま書いてたらバイトの時に寝不足でやばくなるので
バイトの後ゆっくり書きます。

・ジオと黄金と禁じられた魔法(新連載)
んー、正直どうでもいいなあ(ひでえ
まだ一話目なんで、今後どうなるかにもよりますが
絵が残念。背景が白いのばっか。一話目なのに・・・
こういうタッチなんだと考えればまだアリだろうけど・・・
緊迫してる状況でも、あんまり緊迫感が伝わってこないなあ

最後のジオは成長してるわけですが、
イレガウラが死んだ後は一人で生きてたのか?
イレガウラが死んだ時のジオはかなり幼い感じだったが
よく一人で生きてこられたな
ジオは炎と氷の禁呪を体に宿してるのか
館にある本を読んだようだし、魔力の扱い方も上手くなってるようだから
最初っから結構チートクラスの力を発揮しそうな
いい意味でも悪い意味でも、今後に期待ですかね



・メジャー
出塁して直接話したか。
この後Jrも改めて気を引き締めて戦いきるのに期待

・ケンイチ
レイチェルに調教フラグ(マテ
子どもモード発動中の櫛灘かわいいw
長老との組手が一体どんな結果を生むのやら

・ハヤテのごとく
ヒナギクの口から語られる事実。
アテネは白皇学院の理事長であった。
事実を知ったハヤテは、考え事をしながらどこともなくアテネを歩いていく。
いつの間にか花畑へ入り込んでいたハヤテが
考え事をやめて顔をあげると、
目の前にはアテネがいた―
10年ぶりの再会となるハヤテとアテネ、で引き。

アテネはやっぱ白皇学院関係者だったか。
果たしてアテネはハヤテを見てどんな反応をするのか楽しみ

・結界師
良守の結界で動きを封じられた壱号と弐号。
力で脱出を試みますが、あまりにも強固な結界の前に
手も足も出ません。
一方、まじないの破壊に回っていた夜行の人たちは
準備を大方終え、時音の祖母時子にまじないの回転を止める結界を頼んでいた。
ミチルの術が完璧で、それを使う自分達が最強であることに
固執するカケルが、以前ミチルのまじないが破壊されたことや
まじない除けを仕掛けられていたことで我慢の限界に達し、
ついにまじないの回転を開始させてしまう。
時子は設置しておいた結界で回転を止めようとするが、
まじないのあまりの力にどんどん結界が破壊されていってしまいます
しかし、歯車が回転し始めたことに気づいた良守が、
巨大な結界によって歯車の回転を止める。
「影宮ァ。」
「時間稼いどきゃ、まじない班の人がなんとかしてくれんだよな?」


やべえ良守かっこよすぎる。
無想は力の雑味を取っているだけということなので、
素の力でこれってことは、烏森から力を与えられた時なんて一体どうなるんだろう・・・

・境界のりんね
未練は差し歯をなくしてて人前で思いっきり歌えないことだった。
りんねが差し歯を買ってきたおかげで、きちんと成仏できて終わり。

未練が予想外すぎて吹いたw
これからもこんな感じに、いい意味で予想を裏切っていってほしい。

・マギ
ダンジョンを進んでいくアラジンたち。
光るコケや虹色に輝く玉を発見してはしゃぎます
しかし、この玉は蟻のような生物の卵であり、
一気に周りを囲まれてしまいます
ウーゴくんを呼んで逃げ出すアラジンたちですが、
なんと蟻たちは自らの脚をジンの足そっくりに変形させて追いかけてきます
蟻たちは実はスライムであり、切ってもすぐに再生してしまうのであった
合体して「キングなスライム」となり、
圧倒的な力で攻撃してくるスライムたち。
仕方なくウーゴくんを再度呼びだすアラジンですが、
何度も呼び出したことが原因で倒れこんでしまいます
しかし、このピンチを脱するために、
アラジンは「奥の手」を使おうとする、で引き。

なんというドラクエ
きっと領主の奴隷の女とスライムのカップリングで同人誌が出る(ねーよ

・あおい坂
棒球になっている神木からヒットを打ち、
さらに神木のミスによるスクイズの成功で3点目を決めるあお高。

いいね、こっちは花形みたいに
無駄にいい話にしようとしないで、
徹底的にぼこぼこにしててくれw

・金剛番長
ついにその力を見せる文学番長。
なんと文学番長は、想像によって姿や声だけでなく、
肉体の組成すら変えることができるのだった。
一方、巨人像の足元で、獄牢によって明かされていく真実。
哺乳類や両生類といった学者リンネによる動物の五つの項への分類。
しかし、実はもう一つ、“金剛類”という項が存在する。
哺乳類に限りなく近い生態ではあるが、全く別の生物であり、
他の生物が環境に適応するために進化という妥協を重ね続けてきたのに対し、
彼らは食物連鎖の頂点を極めつづけ、環境への適応すら拒んだ。
言うなれば、「細胞がスジを通した」のだ。
文学番長への攻撃を続ける金剛番長だったが、
文学番長が上空へ撃ち出した槍のようなものによって
そあらの乗るヘリが落下してきます。
「受け止めるしかねぇ!」とヘリの落下地点へ駆け出す金剛番長、で引き。

金剛類てw
無茶苦茶すぎるw
だがそれがいい


・最上の命医
産気づいてしまった問題の女性。
他に医療関係の人は乗っていないようで、
仕方なく、隣のおばさんに助けをお願いします。
おばさんのおかげで妊婦さんもだいぶ落ち着き、
問題ないかと思われたところ、
赤ちゃんは逆子なだけでなく、ヌーカルハンドという、
腕が頭の後ろに回っている状態だった。
そのせいで赤ちゃんを引きずり出す必要があり、
しかもへその緒が首に巻きついたり、
首が産道に引っかかったりすると赤ちゃんが死んでしまう。
改めておばさんに手伝うか、手伝わないかを問う命、で引き。

なんかちょっとエロく感じて興奮したのは俺だけでいい。
うん、本当に俺だけでいい。
というか、俺だけであってくれ。


・電脳遊戯クラブ
正直打ち切りコースじゃね?これ。
兄ふんの時の独特の面白さはいずこへ・・・

・アラタカンガタリ
ナグのいた島を去るアラタたち。
アラタとカナテの話の中で、アラタが
「両親」「妹」という、本来のアラタならいない家族のことを口にしたことで
アラタへの疑念を深めるコトハ。
一方、現代の方ではアラタが復学。
以前門脇を襲い、アラタに倒されたナイフの男は
連続傷害事件の犯人であり、学校へ来ていた警察から感謝されます。
電車の痴漢を捕まえた(これは今異世界にいるアラタの方)
こともあり、一気に注目されるアラタ。
屋上の給水塔の上で異世界のことなどで悩むアラタですが、
そんなアラタを見てヒソヒソ話す女子たちがいたため
「なんか用か」と降りていきます
しかし、女子たち3人のうち2人は逃げ出してしまいます
残った一人の顔を見た瞬間驚くアラタ。
なんと、その女子の顔はコトハにそっくりだったのだ。
もちろんコトハではなく、その女子の名前は織部。
織部と話をするアラタですが、
なんと織部はアラタが本当のアラタでないことに気づいていた。

おー、違う世界のアラタだってことがバレる展開がきたか。
読んでる側からしたら、明らかに髪の色とか違うんだけど
突っ込まれることなく「アラタ」であると認識されているようなので
「その世界に本来いるべきアラタに見える」フィルターがかかってるようなもんなのかな
異世界の方はおそらくコトハにバレるんでしょうが
現代の方の織部とコトハの関係がいったいどんなものなのか楽しみ

・いつわりびと空
とりあえず根津は薬馬に任せて逃がし、
山賊たちを止める空。
なんとかしてやる、と山賊たちに言い、逃がしておいた薬馬と根津の元へ。
うまいこと口車に乗せ、全財産を別宅へ持っていくことにする根津。
「荷を運ぶ際の用心棒」として守ってやる代わりに、今度は証文を作らせる空。
全財産を乗せた荷車を引いて山を越えようとする根津ですが、
そこに山賊が襲撃してきます。
山賊の一人が爆弾で荷車の車輪を壊し、
「根津を守る」用心棒として雇われた空たちは
全財産の乗った荷車は放置して、根津だけを連れて逃げ出します
全財産を捨ててしまうことになる根津は必死に戻れと言いますが、
「あんな大荷物抱えてたら逃げられるもんも逃げられん。」
「ワシが守る言うたんはアンタや。」
と、証文を見せながら言う空。
「最初からそのつもりだったのか、騙しやがったな」
と怒る根津ですが、
「証拠でもあんのか?」という空に反論できず、
捨て台詞を吐きつつ急いで荷物の場所へ戻ります
襲ってきていた人たちが東の村の人たちだということは分かっているため、
東の村へ向かう根津。「守る約束をしているから」とついていく空たち。
東の村につき、「土地も家もアタシのもんだ。証文ごと返しやがれ」と言う根津ですが
「なんのことだ?」「ってゆーかアンタ誰だ」
「証拠でもあるのか?」と言われてしまい、空に対して怒った時と同様、
反論できなくなってしまいます
東の村のひとたちの土地や家はきちんと持ち主の物に戻り、
東の村のひとたちも「騙し取られた分を取り返せれば十分だから」と
根津本人の財産に関しては返し、一件落着。

いいね、久々にすっきりしたよ!
うまいこと「証文」「証拠」を使って話をまとめてる。
コミックス買ってないけどどうしようかなあ。
ぽちとか閨は可愛いし、買っちゃおうかなあ。

・オニデレ
夏休みに入り、親睦会として海へ行くことになった
生徒会一同と鬼頭衆。
目的地の海に到着する一同。
はしゃぐミヅキですが、海から突如登場する巨大イカ。
そしてそのイカをしとめようとする誰かに似た顔の男性。
イカをしとめようとしていた男性は、会長の叔父であり、
宿泊先となる民宿のオーナー、木下ポセイドンであった。
巨大イカはクラーケンと呼ばれ、ジャスティス海の平和を乱す悪であり、
ポセイドンの畑からスイカを盗む大の甘党であった。
既に正午だということで、泳ぎ始める前にご飯を食べることにする一同。
修が作ったご飯を食べていると、突然髪が伸びるサヤ。
実は修が勝手に使った「ポセイドンワカメ」のせいであり、
そのワカメは品種改良の結果栄養価がすんごい事になっていて
体質によっては髪が伸びたりふくよかになったりするそうな。
そして、サキは一気に元のむちむちの足に戻ってしまった。
ご飯も食べて、そろそろ海に行こー!ってとこで引き。

もうね、サキもサヤさんもどっちも可愛すぎるw
ミヅキには是非ともバンソーコー3枚へのすり替えを成功させてほしいところ。

・MIXIM11
壱松「残像だ」

烈火の炎は面白かったのになあ・・・

・お茶にごす
素直じゃない山田かわいいよ山田(マテ
こんな悪友欲しかったなあ。

・ディフェンスデビル
1P目でピチュラが「そうか!(中略)うまいこと考えましたね」とか言ってるけど
なんかすごく、無理矢理主人公がすごいことしたかのようにしてる感があるよね・・・
わざわざ説明せんでも、読者はほとんど分かってるっつーの。
くどいし、わざとらしさしか感じない。
今回なんか死神に勝った後、相手の死神が服破けて裸になってたけど
わざわざ服破けさせる必要性もないし、あんな風に大きく描く必要性もねえだろ・・・
腐女子層の受けでも狙ってんのかね?
まあいいや、とりあえず今回のポールの話自体は
結構いい話だったので、今後こんな感じのいい話を考えてくれることを願おう
あと、もちっとまともに事件考えてくれることも願う。

・月光条例
月光が熱すぎる。
使者の力も借りないでムーンストラックされたおとぎばなしの住人たちを倒せてるのは
やっぱ最初に顔に極印がついたからなのかね?
以前も異常な力を発揮してたことがあったし

まだからくりサーカスの方が圧倒的に面白いのは確かなので、
今後もっと面白くなっていって欲しい

・キングゴルフ
カリ男と勝負しはじめる蒼甫。
8番Hでそれぞれ1打目でミスショットを打ってしまう。
カリ男が二打目を打ったところで引き。

うん、カリ男と戸田以外のもう一人の人、
完全に解説役になっちゃってるねw

・やおよろっ! 特別編
ん?なんか以前普通に連載してた時より面白い・・・?
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/07/22(水) 02:04:40|
  2. サンデー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【サンデー】神のみぞ知るセカイ FLAG60【09-33】 | ホーム | 新宿行ってきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dagakotowaru.blog35.fc2.com/tb.php/276-435db6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



アイドルマスターランキング

プロフィール

福(小鳥遊P)

Author:福(小鳥遊P)
・漫画好きの24歳
・(一応)社会人二年生。
・細々とPやってます:P名は小鳥遊P。
・ほむらちゃんまじほむほむ

●FavoriteComic:デッドマン・ワンダーランド、ハニカム、屍姫、はじめてのあく、サイレン、etc…
●FavoriteCharacter:萩原雪歩(IDOLM@STER)、暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)、アロエ&シャロン(QMA)、フランドール・スカーレット(東方シリーズ)、etc
◆作品は主に漫画メインで楽しむことが多いというか、
 基本的に原作村の住人です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB

すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。