福本屋

漫画とかアニメとかをレビューしたりするブログ。あと日記。リンクフリー。 5/22:テンプレ変えたー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「生徒会の一存」に関して追記とか

3時間睡眠で起床余裕でした(挨拶)

これの前の何を言いたいのか分からない記事書いた後、
普通に寝たらなんか3時間で起きた。
疲れてると逆にすっきり寝て起きれるのよねー。
睡眠が深いってことだろうか?

前記事のあれは、まあまとめると
「何が原因で売れるかなんて分からんから適当に描けばいい」
的な感じで。
答えになってないとかそういうのはもう
そぉい!!



さて、以前紹介した、
生徒会の一存
Amazonのレビューがなんか評価がわりといいし(総数少ないけど)、
存外平積みされてたりするので
もっかい読んでみた。

いやね、漫画とかは読んだ時の気分とかでも評価は左右されるので、
前読んだときとはまた違った感想を持てそうかなと思ったのよ
ゲームのコミカライズ(この前のカオスヘッドの漫画がいい例)
だと、ゲームやってなきゃよく分からないネタもあったりするわけで。
前のときは、んぐるわ会報の後に読んだんで
評価もそっちに引きずられやすかっただろうし

で、結果としては
頭をからっぽにして読めばそれなりに面白いことは判明。
あー、そういえばミツルギも一応生徒会が主役だったな・・・

ただまあ、同じ頭をからっぽにして読むのなら
ミツルギの方が圧倒的に素直に笑える
・・・ミツルギに関しては、読んでたら強制的に頭をからっぽにさせられると言うべきだろうかw

パロネタに関しては、やはり『無理矢理詰め込んだ感』が否めない。
本編の描き方のせいもあるのかもしれないが、
如何せん登場キャラの個性が弱く感じてしまうというか。
この漫画は冒頭のモノローグで基本的な設定を書いた後、
いきなり生徒会の会長である女の子と、主人公?の男が話し出しているのだが、
その時点で既にパロネタ(ひぐらしの「嘘だ!!」とか)が使われている。
原作を読んだことがある人ならともかく、
コミックスを見かけて買ってみた人(俺がまさにそれ)なら
キャラに関して知っている情報はゼロに近い。
事前にWikipediaやレビューなどで調べていれば話は別だが、
漫画とかはそれを前提にして読むものではないだろうし。
言い換えれば、まずネタバレありきになっちゃってるからね

そして、キャラの設定や舞台背景をよく知らないうちに
パロネタが目に入った
場合、自ずとパロネタのイメージが大きくなってしまう。

結果として、パロネタを無理矢理突っ込んだ感や
無理矢理読まされている感が強くなってしまっているのだろう。


「生徒会の一存」の主人公の男は、ハーレム狙いで生徒会に入ったとか
そういう変態的な設定はそれなりに強い気はするが、
そういったことをまず説明する前に
いきなり会長である女の子と話し出してしまっている。

しかも、その会話の中で、変態的な発言をちょくちょくしている。
そこで「ああこのキャラはこういう性格なんだな」というのは
なんとなく把握できるが、最初の変態発言があまりにも突拍子がなさすぎて
違和感があるようにも思われる。
他のものに例えると、
「アニメを1話からじゃなくて途中から見ている感覚」
に近いだろうか。
本来、基盤として存在しているべき情報が
後から埋められている。

主人公の男も、生徒会長である女の子もそうなのだが、
一話目でこの漫画の主要キャラは皆、
さも「これ以前にキャラ設定を知る場があった」のが当然のように
本編に初登場している。


もちろん、キャラ設定を後から説明する漫画なんて腐るほどあるのだが、
この「生徒会の一存」の漫画は
その説明の仕方と順番もめちゃくちゃに思える。
やけに細かいところから説明していっている感じが強い。
○○について各キャラの考えを描いて、その考えから
派生していろいろなネタに繋げる、というように、
それまでに説明していない設定などを出して
それを主軸として話を展開するのは普通である。
しかし、そういうのは根幹の設定があるうえでこそ
楽しめる展開
であり、まずは根幹の設定の説明があるべきだ。
なのだが、この漫画はその説明が抜けた状態で
いきなり話が展開している。

なんかアンソロジーコミックスや二次創作の同人に近い気もする。
そもそもそのジャンルが好きだからこそ買うのだから、
アンソロや同人では、大元の設定とかは基本的に
知っていることを前提としての話がほとんど
だ。
たとえばアイマスなら、主人公たちがアイドル候補生であり、
自分の分身であるプロデューサーとともにトップアイドルを目指す

という設定はそもそも説明する必要がない。

基本的な設定は気にしないで、
ノリだけで楽しめばわりとグダグダにもならずに読めるし
まあまあ面白いんではないだろうか、といった感じ。

だからこそ、「頭をからっぽにすればそれなりに面白い」と書いた。
原作が好きな人ならもっと簡単に楽しめるのだろう。

正直なところ、コミカライズとしては失敗だろこれ。
まあ一通り読んで、キャラに心惹かれれば、
続きも読みたくなるんでしょうが、
俺は特にそんなこともないので、続きはやっぱ買わない可能性の方が高い。
パロネタに関してなら、別にこの漫画じゃなくても楽しめるしなあ。
パロネタの調理の仕方も特に上手いわけじゃないし。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/14(木) 07:06:01|
  2. コミックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日EPの特典CD届いたー | ホーム | 同人誌買う理由って何だろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dagakotowaru.blog35.fc2.com/tb.php/175-91f237b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



アイドルマスターランキング

プロフィール

福(小鳥遊P)

Author:福(小鳥遊P)
・漫画好きの24歳
・(一応)社会人二年生。
・細々とPやってます:P名は小鳥遊P。
・ほむらちゃんまじほむほむ

●FavoriteComic:デッドマン・ワンダーランド、ハニカム、屍姫、はじめてのあく、サイレン、etc…
●FavoriteCharacter:萩原雪歩(IDOLM@STER)、暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)、アロエ&シャロン(QMA)、フランドール・スカーレット(東方シリーズ)、etc
◆作品は主に漫画メインで楽しむことが多いというか、
 基本的に原作村の住人です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB

すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。