福本屋

漫画とかアニメとかをレビューしたりするブログ。あと日記。リンクフリー。 5/22:テンプレ変えたー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同人誌買う理由って何だろう

買いたいと思ったからだろ(一番簡単で適当な答え)

前記事でも書いたとおり、
友人とだべってたときに出た話題のうち
ちょっといろいろ考えたものに関してつらつらと。
基本的に箇条書きで、推敲とかしないで(いつもも別にしてないけど)
書いていくので、かなり読みにくくなります。
公園のトイレの落書きとか読むくらいの気持ちで読むくらいがちょうどいいかも。

同人とかの話になって、
友人の一人(仮にYとしておきます)から出た疑問。
『絵が下手でも人気のある人がいるけど、どうして絵が下手でも沢山売れるんだろう』

最初は素直に「その人の絵とかノリとかが好きだったりとかなんじゃね」
って感じに答えた

正直なところ、価値観なんてものは人それぞれであり、
どこまでの物にならどれくらいの金額を出せるのか
ということもまた人それぞれ。

同人誌に関して言うのであれば、
「好きなジャンルである」「好きなキャラクターがメイン」
「展開が好き」「描いてる人のファン」

などといったこれまた人それぞれ異なる理由で買っている。
「描いてる人のファンだし、この人の描くこのキャラが可愛い」
などのように、より複雑な理由の人もいるだろう。

俺の場合に関してであるが、
同人誌を買うようになったのは大学に入ってから、
というか一人暮らしを始めてからだ。
買うジャンルとしてはアイマス、時折東方。
他のジャンルも買うことはあるが、極少数

アイマスの同人誌は、ギャグやシリアスを買うことが多い。
あと雪歩がメインを張るものを買うことが多い。
表紙が雪歩だったりすればそれだけで一応選択肢に入る。
そこから絵の好き嫌い、懐事情などに応じて買うか買わないかを決めている。
東方に関してはドタバタギャグ系統のものが多いかな。
キャラは特にこだわりはない。

同人誌を買うかどうかを決める場合、
【まずそもそも選択肢に入るかどうか】
【設定された金額を出すに値すると判断されるかどうか】

というステップの存在が想定される。

最初のステップにおいては、
ジャンルおよびキャラクターによる要素が大きいだろう。
たとえば、夏コミで大量の同人誌が出ることが予想される「けいおん!」。
アニメ化やOPEDのオリコン入りでブームになっている。
もし、アニメ化自体がなかったとすれば、おそらく同人誌の数はそこまで多くないだろう。
掲載紙がまんがタイム系列であり、
コミックスも単価が高く、手を出す人はそこまで多くないと予想される。
買う側の注目度も自ずと高くはない状態であり、
漫画を読んで気に入った人が、同じく漫画を読んで気に入った人の同人誌を買う程度。
アニメ化による宣伝効果は非常に大きいと言えるだろう。

同人誌はそもそも二次創作とオリジナルがあるが、
二次創作であれば原作ありきであり、
原作の盛衰によって売れ行きは大きく左右される。
オリジナルの場合は単純に面白いか面白くないか、
あとは作者として好きになってもらえているかが大きいだろう。
とりあえずオリジナルはおいといて、二次創作について考える。

二次創作において、原作がブームになったり、派生商品(アニメ化とか含む)が
ブームになれば、それだけで出す側の総数も買う側の総数も増える。
買う側の総数が増えることにより、
選択肢に入れる人の数も増えることになる。
絵が極端に下手で切られるとしても、
それまでは切る切らない以前の問題で、そもそもチェックすらされていないのだ。
チェックされている分ブームの効果はある。(ひでえ

出す側の総数が増えれば、
そのジャンルのオンリーも開催されることも多くなる。
それによっても選択肢に入れてくれる人の数は増える。
ジャンルオンリーであれば、そもそも一般参加者は
“そのジャンルの同人誌を買いに来ている”のであり、
言ってしまえば『最初から買うかどうかの選択肢に入っている』ことになる。
コミケなどいろいろなジャンルのサークルがあるイベントの場合、
最初から特定のジャンルやサークルのみ狙っている人が多く、
そもそも目に止めない人が多い。
つまり、選択肢に入れない人が多い。
それに、コミケで全部のサークルを回る人はまずいないだろう。
まあそもそも、壁サークルなどの関係で不可能だろうけれど。
ジャンルオンリーであれば、一通り回ることも不可能ではない。
新規開拓などをする人もジャンルオンリーの方が多い。

ジャンルが盛り上がっている場合について考えたが、
逆に、ジャンルが盛り上がっていない場合はどうだろうか。
極端な話をすると、かなりマイナーなジャンルで、
その同人誌を出しているところが数サークル

というジャンルがあったとしよう。
その場合、いくら絵が上手くて内容もいいサークルがその中にいても、
買う人の総数が絶対的に少ないのである。
そうなると、自ずと買う人の数は少ない。
そのジャンルに興味がない人を含めて言えば、
買う選択肢に入れてくれる人が相対的に少ないのだ。

こういったことを考慮すると、
やはりジャンルの効果というものは大きいのだろう。
同人誌界隈で使われる用語で、特定のジャンルを持たずに
人気になったジャンルの同人誌ばかりを出すサークルを指す、
イナゴというものがある。
ジャンルの効果が大きいからこそ、そういうサークルがいるのだ。

キャラクターに関しても、ジャンルと同じようなことが言える。
たとえば、主役Aと脇役Bがいるとする。
主役Aはその作品のファンに非常に人気だが、
脇役Bは一話限りのモブで名前すらないとする。
その場合、脇役Bがメインの同人誌よりも主役Aがメインの同人誌の方が
買われる可能性としては高くなると思われる。
脇役Bが異常に魅力的だとかそういうイレギュラーな例はもう無視で(オイ

んでまあ、選択肢に入るかどうかは多分こんな感じでいいとして
次のステップ、設定した金額を出すに値すると判断されるかどうか。

絵の上手い下手が問題になるのはこのステップだろう。
極端なことを言うが、絵の上手い下手は正直なところ重要なファクターだとは思わない。
同人誌なんてものは、絵が下手だろうと面白ければ売れるし、
逆に絵がどれだけ上手かろうが面白くなければ売れない。


さて、面白ければ売れる、面白くなければ売れないと書いたが、
今度は「面白くするにはどうすればいいのか」
なんて疑問が出てくるかもしれない。
もちろんこんな疑問に一般論で明確な答えなんて出ないのだが、
一応軽く考えてみる。

「作っている側が面白いと思っていないものは読む側も面白いと思わない」
とはよく言われるが、これはもっともだと思う。
もちろん、例外はあるだろうし、
「面白いと思って作ったものなら読む側も面白いと思ってくれる」
とは限らないだろう。ここらへんは心構え的な問題だから仕方ない
そもそも、二次創作なら「そのジャンルやキャラクターが好きだから」描いているわけで、
少なからず面白いと思って描いているはずなのだけどねw


同人誌を買うのはぶっちゃけ自己満足に過ぎない。
描くのも自己満足に過ぎない。

いくらジャンルがマイナーであろうと、
そのジャンルが好きで同人誌を出し続けているサークルもいるのだ。
だから、描くのであればどうせなら自分の思うまま描いてしまえばいいと思う。
二次創作にしろオリジナルにしろ、自分の思いの丈をぶつければいい。
二次創作なら、原作にないカップリングだとか、ifストーリーだとか。
そこらへんが読み手の心を掴んだら買ってもらえる。

添削のあるレポートでもあるまいし、
編集に修正をさせられたりする連載漫画でもあるまいし
同人誌なんだから好きに描け

まあこれはもう俺の同人誌に関する考えでしかないなw
もちろん、下手にブラックな話とかを描いてしまうと、
社会的に抹殺されてしまったり、同人作家としてアボンするので
そこは適当なとこで折り合いを

やはり、一般論でこういう疑問に対する答えを見つけるのは無理がありすぎる。
絵が下手だけど売れてるとか、そういうのは
同人誌のジャンルや内容、買い手の求める物とか
細かい要素が重なり合った結果でしかないので
その細かい要素を無視して考える必要のある一般論では到底明確な答えは出ないと思う
そんな答えが存在するなら、簡単に売れる同人誌が作れてしまうわけで。

↑でジャンルのブームに関して触れているが、
いつ、何がきっかけでブームになるかなんてことも大抵分からないのだ。
けいおん!だって、アニメが大多数につまらないと思われていれば
OPEDもオリコンになんて入らなかっただろうし、
今いくつかけいおんの同人誌は出ているのだが、
これももっと少ないどころか出てすらいなかったかもしれない。

なればこそ、同人誌なんてものは
好きで描くべきだし、好きに描くべきである。

途中から素で眠くなって、何を言いたいのか自分でもよく分からなくなってきている
というか、現在進行形で寝落ちしかけてるw
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/14(木) 01:10:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「生徒会の一存」に関して追記とか | ホーム | なんかなんだかんだでここんとこ毎日更新してる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dagakotowaru.blog35.fc2.com/tb.php/174-d69aa266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



アイドルマスターランキング

プロフィール

福(小鳥遊P)

Author:福(小鳥遊P)
・漫画好きの24歳
・(一応)社会人二年生。
・細々とPやってます:P名は小鳥遊P。
・ほむらちゃんまじほむほむ

●FavoriteComic:デッドマン・ワンダーランド、ハニカム、屍姫、はじめてのあく、サイレン、etc…
●FavoriteCharacter:萩原雪歩(IDOLM@STER)、暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)、アロエ&シャロン(QMA)、フランドール・スカーレット(東方シリーズ)、etc
◆作品は主に漫画メインで楽しむことが多いというか、
 基本的に原作村の住人です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB

すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。