福本屋

漫画とかアニメとかをレビューしたりするブログ。あと日記。リンクフリー。 5/22:テンプレ変えたー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話 「ナリタ攻防戦」

11話はC.C.の独壇場でしたね(一行感想)

紅蓮弐式によって起こされた土砂崩れによるブリタニア軍のダメージは大きく、
数多くの部隊がやられてしまっていました

「ロイドさん、これは・・・」
「そう、とっても不自然。」
「不自然って・・・」

「未確認だけど、黒の騎士団が現れたって情報もある」
「ゼロ」
「おめでとう!出番あるかもね」
「ロイドさん!!」
「不謹慎です!!」
「え、どうして?」


cg11-01.jpg

「教えてさしあげましょうか?」

「いえ、遠慮します」

セシルさん恐いよセシルさん
笑いながら怒られると、普通に怒られるより恐いよね



紅蓮フィンガーでオレンジ部隊を一気に攻めるカレン。
ミスターオレンジは脱出機構が作動したのに、
キューエルは脱出機構が先に壊れてしまい乗ったまま爆発しちゃってカワイソ(´・ω・`)ス
「こいつはまともにやりあえたもんじゃねえ」、とヴィレッタや他のサザーランドは
後退しつつ足止めをします

その時、藤堂たちが本部に到着し、ブライ改でコーネリアを襲います
しかし、コーネリアの親衛隊の隊長の一人、ギルフォードが藤堂を足止めし、
コーネリアは藤堂たちを挟み討ちにできるポイント9へ行きます
藤堂たちの参戦もあり、一気に戦局を巻き返されたブリタニア軍
ギルフォードも善戦しますが、藤堂たち相手では押し切れません
ユフィがどう部隊を動かすべきか悩んでいるところに、
特務から通信が入り、スザクたちから頼まれたこともありランスロットに出撃命令を出す

「ランスロットは、最大速度にて斜面を上昇、総督を救援せよ」
「イエス、マイロード」

「スザク君、一つ聞きたかったんだけど。」
「なんでしょう?」
「君は人が死ぬのを極端に嫌うねえ。なのに軍隊にいる。何故だい?」
「死なせたくないから軍隊にいるんです」
「その矛盾はさ、いつか君を殺すよ」
『ガッ』
「ッ・・・・・・あぁぁっ、ごめんなさいごめんなさいごめんな」


cg11-02.jpg

セシルさんこえええええええ

「死なせたくないから軍隊にいる」。確かにものすごい矛盾だ
軍人である以上、掃討戦や殲滅戦に参加する可能性がある
そうなっても一人も殺さずにいれば自分に刃が向けられる可能性もある

一方、コーネリアはポイント9にて紅蓮弐式と対峙中
コーネリア機のアンカーを受け止めたり、スピアに紅蓮フィンガー使って腕を爆破したりと、
紅蓮弐式は大活躍。
騎士団のブライによる援護射撃もあり、コーネリアを追い詰めます

「私は投降はせん・・・・・・皇女として、最後まで戦うのみ!!」
「コーネリア様ぁぁぁっ!!」

「ふん・・・・・・つまらん選択を」


フルーチェさんとことん外道。死ぬ時まで戦い抜いてやるっていう
コーネリアの燃える姿勢を「つまらん選択」ってアンタ

その時フリーダムランスロットが例の新武器(ヴァリス?)で障害物を全て突き破り、
コーネリアと紅蓮弐式の間に割って入ります

「またか・・・・・・!!またアイツが・・・・・・!!」
「紅蓮弐式は白兜を破壊しろ!
 コイツの突破力は邪魔だ!!」


紅蓮vsランスロット。

cg11-03.jpg

ヴァリスを避ける紅蓮に、
紅蓮フィンガーを滑走具を外すことで防ぐランスロット
アンカーは紅蓮フィンガーの前ではゴミも同然、
「そんな武器なんかぁぁ!!」と蹴散らされてしまいます
剣もある程度は耐えますが、紅蓮弐式を少し押した程度で破壊されてしまう

cg11-04.jpg

「止めたッ!?」

崖から落ちかけている紅蓮に対してヴァリスを至近距離から撃つも、
これも紅蓮フィンガーで止められてしまいます
しかし、近すぎたため衝撃までは消せなかったのか、
紅蓮は崖から落ちてしまい、その際に右手が故障
結果黒の騎士団は撤退を余儀なくされます

あれだな、ランスロットが自由で紅蓮弐式が種割れ中のBIだな(えー

フルーチェさんも撤退しますが、ランスロットに追われ、追い詰められてしまいます

「特派ヘッドトレーナーへ。
 ゼロを発見、これより確保します」


自分もイレブンであるスザクは、ゼロに対していくらか思うところがあるようです

「ゼロ・・・君には恩がある。」
「君の行動のおかげで救われた人がいて、
 多くのイレブンが影から協力していることも知っている。」
「でも・・・・・・君のやり方は・・・・・・」

「間違っている!!」


そう心の中で言い、ヴァリスをつきつけるスザク

cg11-05.jpg

「・・・・・・ッ・・・・・・!!」

絶望的な状況に陥ってしまったフルーチェさん。
このまま捕まってしまうのか!?

しかしその時、ランスロットとフルーチェさんの間にC.C.が現れる

「あれは・・・・・・まさか、新宿の・・・カプセルの・・・?」
「やめろ!この男には手を出すな!」
「C.C.!!」
「彼女は・・・・・・ゼロの仲間・・・?」


ランスロットに歩み寄り、ちょんと触れるC.C.

「おい、何をする気だ!?相手はナイトメアだぞ!」
「お前に死なれては困る。間接接触だが、試す価値はある。」


C.C.の額のギアスの紋章のようなものが光りだし、
スザクの頭にフルーチェさんがギアスをもらった時のような映像が流れ込んでいきます
フルーチェさんの時とは違い、死んだはずの父が現れる

「父さん・・・?嘘だ、死んだはずなのに・・・」
「違う!そんなつもりじゃ・・・僕は・・・・・・俺はッ・・・・・・!」


「おい!まさかパイロットにギアスを・・・」
「ショックイメージを見せているだけだ。何を見ているかは知らないがな。」

「それより逃げろ、今のうちだ。」

「お前はどうするんだ」
「今は動けぬ。先に行け。」
「冗談じゃない。お前に借りを作ったままで・・・」

そう言いながらC.C.の肩に触れた瞬間、
フルーチェさんの頭にも映像が流れ込む


「・・・・・・ッ」
「・・・!やめろ!!今は・・・・・・、ッ!!」

「なんだ・・・?前と違う・・・」


大勢の人がギアスの印のある建物に向かって石を投げているイメージ、
額にC.C.と同じ印のあるシスター(むしろ=C.C.?)が祈っているイメージ、

cg11-06.jpg

cg11-07.jpg

枢木神社の鳥居、全裸で湖にいるC.C.とその左乳房にある傷、
崩壊した町で一人立っている少女
とどんどんC.C.に関する映像が映し出されていきます

こんなときにあれだがC.C.地味に胸でけえな。

「こ・・・これは・・・ッ!?」
「や・・・やめろ・・・・・・私に・・・入ってくるな・・・ッ!」


「私に入ってくるな」って言葉を聞いて、
エロいことが速攻で思い浮かんできた俺は死ねばいいと思う。

「やめろ・・・どうして・・・」「私が・・・開かれる・・・」

「俺はああするしかなかったんだ!!!」
「!!」


スザクとフルーチェさんが精神世界?で遭遇。

cg11-08.jpg

「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

無数の悲鳴、無数の影、無数の怨霊のようなものが映った後、
ついにスザクは発狂してしまいます
C.C.の力による拘束が解け、ヴァリスを四方八方に撃ちまくるランスロット

「なんなんだ、今のは!!」
しかしそんなことはおかまいなくフルーチェさんはC.C.を問い詰めようとします
「馬鹿、今のうちに逃げろ!」
ごもごもごもごもごもっともー。

フルーチェさんがもたもたしていたせいで、
ランスロットの暴走で崩れた破片がC.C.の胸に刺さってしまう
「こいつはたまったもんじゃねえ」とC.C.を連れて洞窟の中へ逃げます

「この女・・・やはり人間じゃないのか?
 傷の再生スピードが普通じゃない」
「新宿でも確かに額を撃たれていたし・・・
 クロヴィス個人で 研究していたのだから、
 ブリタニアとは関係ないはずだが」
「バイタルは人間と同じ。血液サンプルは後で調べるとして、
 傷口も撮影しておくか・・・」


どこまで外道なら気が済むんだフルーチェさん。

てか胸に刺さってたんだからつまりオパーイを見たわけで

というかあの服ならほぼ確実に全部脱がしてるわけで。
男なら性欲をもてあませよ(黙れ

その時、C.C.が何か寝言を言いだす

「・・・?なんだ・・・?」
「(ピチャーン)」
「ッ!」
「やっと呼んでくれたね・・・私の名前・・・」


C.C.の本当の名前。フルーチェさんはしっかり聞いたみたいですが、
テレビの前の人には水滴の落ちる音で聞こえません。
憎い演出しやがる

一方ブリタニアは軍を撤退させており、実質黒の騎士団と日本解放戦線の勝利という形
ランスロットの暴走はあの後エナジーフィラーが切れるまで続いていた模様。

cg11-09.jpg

スザクは余程強いトラウマが父に対してあるのだろうか

「血液サンプル後で検査するか」とか言ってたハンカチを洞窟内の池に捨てるフルーチェさん

「破片を摘出して、傷口を洗っておいた」
「必要ない」
「そうらしいな」

「だから助ける意味なんてなかったんだ。お前はいつもつまらぬ所でプライドにこだわる」
「・・・おかげでいいことを知ったよ。フン、(ピチャーン)」

「・・・ッ!!」
「お前の名前だろう?」
「趣味が悪いな。盗み聞きなんて」


趣味が悪いのはあの全力仮面の時点で
かなり分かってたような
(えー


「いい名前じゃないか、C.C.よりずっと人間らしい」
「馬鹿馬鹿しい。私に人間らしさなど・・・」
「どうせ私は・・・私には・・・」
「忘れたんだ・・・全部・・・何もかも・・・
 今さら名前なんて・・・名前、なんか・・・!」


「いい機会だから言っておく。
 その、さっきは助かった。」

「今までも、それから、ギアスのことも。
 だから、一度しか言わないぞ。」


cg11-10.jpg

「ありがとう」



フルーチェさんマジ恥ずかしがりや(・∀・)



「感謝されたのは初めてだよ・・・」

cg11-11.jpg

「では、お礼を返してもらおうか」
「もう一度呼べ。先程のように」


「ああ、あの名前か」
「一度だけだ。大切に、優しく心を込めてな」
「・・・仕方ないな」


cg11-12.jpg


(ピチャーン)

「これでいいのか?」
「駄目だな。全然駄目だ。優しさが足りない。」
「素直さと労わりの心も。
 発音も怪しいし、何より温かみに欠ける」

「・・・我侭な女だ」

「そうとも。私はC.C.だからな」



生徒会メンバー<<ユフィ<<カレン<<C.C.<<(超えられない壁)<<セシルさん



C.C.の研究をしていた連中のトラックの前に、生きていたミスターオレンジ

「また軍人か」
「それだけ部隊が崩れたってことだろう」
(プァーンプァーン)
「オレンジじゃないんです・・・ゼロぉぉぉぉぉぉ!!」


あーっとついに倒れてしまったミスターオレンジ
このまま死んでしまうのかそれともギアスを身につけて最強の敵として蘇るのか
多分ギアス手に入れてもへタレのまんまだろうけどね(えー

フルーチェさんを迎えに来たカレンとC.C.が微妙に修羅場。

「誰!?」
「ああ、心配しなくていい。彼女は私の大事な仲間だ」

「C.C.。私はどうして雪が白いかは知らない。」

「しかし、白い雪は綺麗だと思う。
 私は嫌いではない」


「そうか・・・」
「・・・ッ」


これなんて三角関係?
フルーチェさん、今後の身の振り方によっては
敵じゃなく味方に刺されるんじゃないだろうか

ちなみに今回のレビューで会話書きすぎなのは仕様です。
だって会話も面白かったんだもの。
紅蓮もよく動いててディ・モールト(非常に)良かった

次の放送は年明け。つか俺が東京に戻って来る日の深夜。
ちなみに東京から実家へは飛行機だけど帰りは深夜バス二本。
死ねる。
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/12/25(月) 16:05:26|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウリリッヒー | ホーム | コードギアス 反逆のルルーシュ 第10話 「紅蓮 舞う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dagakotowaru.blog35.fc2.com/tb.php/102-f1add4fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



アイドルマスターランキング

プロフィール

福(小鳥遊P)

Author:福(小鳥遊P)
・漫画好きの24歳
・(一応)社会人二年生。
・細々とPやってます:P名は小鳥遊P。
・ほむらちゃんまじほむほむ

●FavoriteComic:デッドマン・ワンダーランド、ハニカム、屍姫、はじめてのあく、サイレン、etc…
●FavoriteCharacter:萩原雪歩(IDOLM@STER)、暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)、アロエ&シャロン(QMA)、フランドール・スカーレット(東方シリーズ)、etc
◆作品は主に漫画メインで楽しむことが多いというか、
 基本的に原作村の住人です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB

すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。